医院コラム(詳細)|筑紫通り加納歯科クリニック|福岡市博多区の歯医者

入れ歯専門外来がある博多区諸岡の歯医者 筑紫通り加納歯科クリニック

歯に対するお悩みをお持ちの方はお気軽にお問合わせください

WEB診療予約

緊急の場合はお電話でご連絡ください。
Web予約の場合、2日程ご連絡が遅れる場合があります。

診療
時間
平日 10:00 - 13:00 15:00 - 20:00
10:00 - 13:00 14:00 - 18:00

休診日 木・日・祝/博多駅からバスで10分/師岡バス停目の前
(祝日のある木曜日は診療します)

  • tel:092-575-2210
  • お問い合わせ
  • 地図を見る

コラム

根の治療(根管治療)とバイ菌

福岡市博多区諸岡 筑紫通り加納歯科クリニックです。

 

今回は、根(神経)の治療についてのご紹介。

 

根の治療(根管治療)で最も大切なことは、

 

「周りのバイ菌から根の中をまもること」

 

にあります。

 

ここ数日、上の奥歯の痛みが強く、食べられないというお悩みの患者様。
遠く長崎よりの来院でした。

お口の中を拝見したところ、左上の奥から4番目の歯、銀歯の下に穴が開いているのが確認できました。

 

写真2

 

レントゲンを撮ったところ、銀歯の下で虫歯が大爆発。 。 。

 

痛みの症状ともあわせて、おそらく歯の根の治療(根管治療)となるであろうことを説明し、治療に入りました。
 

 

写真3


丁寧にマイクロスコープ(歯科用顕微鏡)下で虫歯を取っていきましたが、すべてを取りきらない状態で神経の入り口が見えてきました(紫色の部分が虫歯になります)。


虫歯を取り残した状態でそのまま蓋はできません。神経の治療(根管治療)が必要です。

 

ここでチェックポイント

 

先ほどにも書いていた通り、

 

根の治療(根管治療)の成功の決め手は、まわりのバイ菌から根の中を守ること。

 

根の中にアクセスする前に、虫歯はきっちり取らなければなりません

 

いくら根の中を綺麗にしたところで、入り口に虫歯というバイ菌の生産工場があっては、すぐに感染してしまいます。

 

再度虫歯を特殊な薬品で染め出しながら、取り残しのないように除去していき、薄くなった歯の周りを強化プラスティックで補強し、ラバーダムというゴムのマスクを装着しました。

 

ここまでが治療の中で最も時間のかかる処置かもしれません。

当たり前のことですが、どんなに最先端の道具を使用しても、バイ菌の入らない環境を作ってやらなければ、処置はできません。

 

写真4

 

写真は根の中のお掃除まで完了したところ。今回の歯の根の数は2本。

 

写真5

 

最終チェックはこのくらいの視野で確認の処置を行っています。

 

マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)があれば、安全にそして的確に治療が行えます。

 

当院では症例に応じで根の中を掃除するやすり(ファイル)も変えるのですが、今回はDENTSPLY社より発売されているVortex Blueを使用。


今までの物より、柔軟性の高くなったことで、歯にも優しく、治療による負担がへりました。

 

写真6

 

長崎からの治療ということで、診療時間約90分。根の治療から土台作りまで1回で終了。


Hさんお疲れ様でした。

 

痛みが無くなったところで、被せ物の治療をする前には、クリーニングもしないといけませんね。

一緒にがんばりましょう。

 


筑紫通り加納歯科クリニックでは、義歯(入れ歯)、セラミックなど審美歯科治療をはじめ、的確な診査、診断をもとに、インプラント治療も含め、マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を使用した精密治療、および総合治療を行っております。

お困りの際は、お気軽に御相談下さい。

 

福岡市博多区諸岡3-6-15

筑紫通り加納歯科クリニック

 

 

  • カウンセリング・治療の流れ
  • 費用について
  • Q&A
  • 設備紹介
  • 医院案内
  • 医院ブログ
  • WEB診療予約