医院コラム(詳細)|筑紫通り加納歯科クリニック|福岡市博多区の歯医者

入れ歯専門外来がある博多区諸岡の歯医者 筑紫通り加納歯科クリニック

歯に対するお悩みをお持ちの方はお気軽にお問合わせください

WEB診療予約

緊急の場合はお電話でご連絡ください。
Web予約の場合、2日程ご連絡が遅れる場合があります。

診療
時間
平日 10:00 - 13:00 15:00 - 20:00
10:00 - 13:00 14:00 - 18:00

休診日 木・日・祝/博多駅からバスで10分/師岡バス停目の前
(祝日のある木曜日は診療します)

  • tel:092-575-2210
  • お問い合わせ
  • 地図を見る

コラム

新しいセラミックス材料

福岡市博多 筑紫通り加納歯科クリニックです。

 

今回は、当院で扱っているセラミックスについてのご紹介

 

セラミックスと言っても多くの種類があります。

 

その多くの種類の中から、患者様にとって最良のものを診断し、選択しなければなりません。

 

・くいしばりや、歯ぎしりの強い方

・奥歯なのか前歯なのか

・周りの歯に調和するような、美しい色が出せるか

 

しっかり咬めるという機能性だけでなく、
輝く笑顔を取り戻せるよう、審美性の回復も重要なポイントの1つです。

 

詳しくは当院ホームページ審美歯科のページへ。

 

http://www.kano-shika.com/medical/cosmetic.html

 

写真2

 

今回の患者様は奥歯の修復でした。


くいしばりや噛みしめ、歯ぎしりも含め、多くの習癖をお持ちであったため、非常に力のかかる部位の補綴修復でした。

 

歯科材料学の専門医そして補綴科医として、知識と技術を総動員し、マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を用いて、形成から型取りまで行い、完成までたどり着きました。

 

今回選択したセラミックスは、分類的には2ケイ酸リチウムといって、どちらかというとガラスに近い材質です。

奥歯でくいしばりが強いからと言って、より強度の高いものを選択、という安易なことはしません。


力に力で対抗したのなら、ダメージを受けるのは自分の歯。
咬みあわす反対側の歯を傷めたり、被せる歯の根を壊してしまいます。

 

被せ物は壊れなくても、自分の歯が壊れてしまっては、元も子もありません。

今回のポイントは、自分の歯と同じような固さをもち、一緒にすり減りながら機能してもらうこと。

 

写真3

 

新規に開発されたGC社製LiSiを使用し、今回製作を行いました。

光の透過性に優れており、天然歯と同じような美しい色調を再現でき、また、専用の材料を使うことで適合良く、ぴったりと口の中でフィットします。


出来上がりはこちら。。。

 

写真4

 

セット後の仕上がりには患者様も大満足でした。


新しいものがすべて良いとは限りませんが、2ケイ酸リチウム自体は、十分に信頼性のある材料として、立派なエビデンス(証拠)があります。

 

大切なのは、多くの知識の中から取捨選択を行い、それぞれに応じた正確な診断をしていくこと。


歯科治療の舵取りを行う、補綴科医として重要な仕事ではないでしょうか。


筑紫通り加納歯科クリニックでは、義歯(入れ歯)、セラミックなど審美歯科治療をはじめ、的確な診査、診断をもとに、インプラント治療も含め、マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を使用した精密治療、および総合治療を行っております。

お困りの際は、お気軽に御相談下さい。

 

福岡市博多区諸岡3-6-15

筑紫通り加納歯科クリニック

 

 

  • カウンセリング・治療の流れ
  • 費用について
  • Q&A
  • 設備紹介
  • 医院案内
  • 医院ブログ
  • WEB診療予約